少々ズレた日本人の認識とは

>

日本のリサイクルショップは正確に言うとリユースショップ

リデュースとリユース運動を積極的に行う

リデュースを一言で言えば、ゴミを減らすことと言えると思います。
マイバッグ持参でレジ袋を貰わないことが一番手軽にできるリデュースです。その他にも、無駄な食材は買わない、袋ではなくばら売りや量り売りで必要な分だけを購入し廃棄しないように心がけることなどもリデュースになります。
リユースは、一つのものを繰り返し使うことをいうので、使わなくなった家電や読まなくなった本、着なくなった洋服などをリサイクルショップに買い取ってもらうことが主なリユースになります。バッグや靴など、破れたりして使えなくなったら新しいものを購入するのではなく、修理や補修をして使うことはリデュースですし、紙コップや割りばしなど使い捨てのものは使わずに、マイカップやマイ箸を持ち歩くことはリデュースでもありリユースでもあります。
リデュースやリユースは簡単に出来ることばかりなので、ぜひ行ってみて下さい。

リサイクル運動は、大半は業者に任せる

リサイクルとは、製品をもとの原材料のところまで戻し、また新たに製品を作ることを言います。
こういう作業は個人では難しいので、大抵は業者にやってもらいます。しかしリサイクルそのものは業者頼みでも、個人の心がけ次第でリサイクル活動はどんどん広がっていきます。この心がけというのはゴミの分別をしっかりすることです。当たり前のことですが、これが当たり前に出来てない方が多いのも事実です。
使い捨て容器を使う人が増えれば増えるほどゴミも増えて再生エネルギーも消費されます。確かにリサイクルして再利用できるとはいえ、ゴミの量があまりに多いとリサイクルするための熱エネルギーが大量に使われることになるので、個人個人でリデュースとリユースでゴミを少なくするように心がけ、出たゴミはしっかり分別してリサイクルし続けられるようにしましょう。


この記事をシェアする